2016年は風天小畜から沢天夬へ

 image

(写真は松尾さんの天狗さんです。写真のどこかにいます)

あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。

昨年、個人的な

年初にあたっての備忘録を

つらつらと

書きましたところ、

今年も書いてくれという

ご要望を頂きました。

今年はやめておこうと思っていましたが、

自分にとって

良き通過儀礼に

なっていくかもしれないので

書きます。

お店としてのご挨拶は

 後日させて頂きますね。

ただ、昨年から学んでいる

中国古典の影響で

かなり分かりにくいと思いますので、

読みたい人だけ読んでくださいね。

昨年学んだ易経
(全く終わりが見えずに今年も
学ぶことになりそうですが…)

「風天小畜(ふうてんしょうちく)」

という卦があって、

易占ででると

どんなに前に進もうとも

上手いこといかず

とどまれという卦ですが、

卦自体の意味でいうと

上手くいかないこと前提で

やらざる得ない状況に

自分をおいて、

結局上手いこといかないけれど

ひたすら淡々とやり続ける

という意味にもとれます。

もう一つ

「沢天夬(たくてんかい)」

という卦があり、

これも易占でいうと

今までの悪業が

いっぺんに噴出するという

大変な卦ですが、

卦自体の意味でいうと

良きことも

悪しきことも

小さな繰り返しにより

積み重なって、

すぐに答えを出さずに

悩み続ける

または先送りすることで、

ある日

ダムが決壊するように

溢れだす

という意味にもとれます。

良きことの

小さい

継続的な

繰り返しの中で

意図的に解決策をださない先にある

「創発」

ということですね。

ここまで読んで頂ければ

お分かりだと思いますが、

2016年は

自分にとって

上手くいかないであろうことを

やらざるえない状況にして、

ひたすら淡々と

繰り返し

繰り返し

繰り返し

繰り返して、

悩んで

悩んで

悩んで

答えを出さない先にある

「創発」

にいたりたいなあ

と思っております。

 風天小畜から沢天夬へ

以上、このブログ自体が

「風天小畜」だなあ

という話でした。