自由についてのエトセトラ

 image

(写真は玄関で孵ったカマキリです。)

どこに向かっていく途中なのか

覚えてないけれど

小学生の娘

車に乗っていて、

僕が運転して

娘は助手席に乗っていたのですが、

娘が突然

「ちゃん(僕は娘にこう呼ばれています)、

自由って何?」

と聞きました。

僕は説明しようとしましたが、

うまいこと言えず、

「今は上手いと言えないから、

一度良く考えて

明日言うね」

と、娘に伝えました。

次の日、

沢山の宿題を終わらせて、

やっと自分の好きに遊べる時間になった

娘を捕まえて、

「昨日の自由の話だけど

ちゃんが思うに、

人は生まれた時に

偶然与えられた

「自分にしかない変なところ」

から出発するのだけれど、

世界は色々大変で

「変な自分」

のまま大人になって

生き続けるのは難しい、

それでも

「変な自分」が

「変な自分」で

居続ける為に、

お金を稼ぐことや、

勉強することや、

道徳や哲学なんかを

武器にして

「変な自分」

を世界に投げつける。

生まれたままの

「変な自分」

でなるべくいる

「義務」が、

自由かなあと

ちゃんは思う」

と、娘に言うと

娘は

「ふうん、分かった。有難う。

ちゃん、変なところ多いもんね」

と、言って

何処かに

行ってしまいました‥。

以上、

中小零細自営業のオヤジは

一方的かつ変人だ

という話でした。