嵐山のMITATEさんにいってきました

雨が続いたりと定まらない気候ですが

皆様いかがお過ごしでしょうか?

家族の誕生日で

嵐山のMITATEさんに行ってきました。

創作の和食とフレンチのお店で

予約をしたけどいっぱいだったりして

なかなか伺えなかったのですが

やっと今回伺いました。

 

image
(MITATEさんの入り口です)

今現在、僕の中で

嵐山の一番家族を連れて行きたい

お店になりました。

料理の美味しさはもちろん

料理の演出、

何より接客が素晴らしかったです。

過度なしつらえ等

無駄なものを極力排して

大切な場所と時間のみに集中した

スタイルは

ゆっくりとした時間の中で

サプライズを感じさせてくれて

心地よく楽しい時間を過ごすことが出来ました。

もちろん家族も大喜びでした。

image
シェフのご挨拶の一品として
シェフご出身の美山の卵のプリン。
瓢箪から美山卵と升々の健康。
出だしから引き込まれます。
大好きなフォアグラ入りです。

 image
無人島で食べるお魚たち。
よく見るとお皿の絵になっています。
キンメ、タイ、本マグロの定番を
キャビアをのせて楽しく提案してます。

image
森の妖精のイメージ。
バジルムースにトマトのコンソメジュレ。
トマトなのに赤くないサプライズ。
緑のオレンジソースとの組み合わせが抜群です。

image
波打ち際に流れ着いたイメージ。
一人一人違う流木を使ったガラスの器が
とても楽しくわくわくします。
全てを違うソースと素材を使用した
新感覚の八寸です。
スティックの先にとまっている折り紙のかもめを開けると
シェフからのメッセージが、、、。

image
星から流れてきたイメージ。
まずカレーオイルのソーメンをそのまま頂いて、
その後にキャビアとフライドオニオンを加えて頂きます。

image
太陽の恵みのイメージ。
甘鯛にここでもフォアグラ焼と
トマトのムースと
桃のエスプーマ(泡)
の組み合わせで不思議な味がします。

image

image
丹波篠山の炊き立てごはんは
ごはんだけでいくらでも
おかわりできそうです。

image
デザートは和洋両方で。
先ずは洋で
南の島のイメージ。
貝から覗く真珠がファンタジーです。

image

image
和のデザートは玉手箱を
自分で開けるスタイルで。
宝箱を開けるような
ドキドキさせてくれる素敵なスタイルです。
もちろん和菓子もレベル高いです。

以上、MITATEさん素晴らしいなあ~

次回の家族の誕生日も

ここだな~

という話でした。