社長雑記 新着情報一覧

京都の大好きな和菓子屋さん~その参 満月さんの阿闍梨餅

C5A780F1-5C83-407F-9A90-DE167395C234
(写真は11月にみた平野さんの十月桜です)

お客様に京都の和菓子も紹介して欲しいというお声をよく頂きます。

ふと思うと、いつも食べたい和菓子はだいたい決まっていて、

これを頂ければ嬉しいという和菓子もだいたい決まっているような気がします。

そんな、食べると嬉しいな~という和菓子を

少しずつ紹介しますね。
(続くかどうかわかりませんが……)

壱に続いて何とか弐も紹介できました。

そして参までたどり着きました。肆までも行くかどうかわかりませんが…。

今回紹介するのは満月さんの阿闍梨餅です。

ここに書くまでお店の名前を満月さんではなく阿闍梨さんと思っていました…。

ずっとずっと「阿闍梨さん」、「阿闍梨さん」、と呼び、「ちょっと阿闍梨さんで買ってくる」と言ってました…。

京都の人ならみんな大好きです。(僕はそう思います)

30AE6130-CD0B-47EE-9D58-BCB96A0481CD

お店もいくつかあり、百貨店さんでも販売されていますので日常のお茶うけに最適です。

また日がたつとレンジで温めても美味しくいただけます。

(でも購入した日に食べるのが一番美味しいです。)

この手の単品の和菓子では珍しく、多店舗にしながら支持されていて
(実際の数字を見てないので本当のところは分かりませんが)

どこの場所で買っても美味しく頂けます。

 うちとは業態が違うので一括りにはできませんが、

お店の店舗数は増えれば増えるほど、

足すではなく掛けるで難易度があがる

と思っているので

頂くたびに感心しきりです。

0A7DF41D-59A6-42A7-9097-195EC91441FF

大きすぎずに

ちょっと甘いもんが欲しいときに

あると嬉しいなあ〜。

という一品でした。

京都の大好きな和菓子 その弐~天神さんの粟餅

5CC175D7-D9BF-4526-8AC3-FFFFE60104EC   019A1063-610B-4F53-8DFF-CFD994F363FD
娘が小学校の時に制作した未来の自分(本の中から龍に乗って飛び出した挿し絵画家)です)

お客様に京都の和菓子も紹介して欲しいというお声をよく頂きます。

ふと思うと、いつも食べたい和菓子はだいたい決まっていて、

これを頂ければ嬉しいという和菓子もだいたい決まっているような気がします。

そんな、食べると嬉しいな~という和菓子を

少しずつ紹介しますね。
(続くかどうかわかりませんが……)

壱に続いて何とか弐もご紹介できました。

参まで行くかどうかわかりませんが…。

今回紹介するのは天神さんの粟餅です。

天神さんのすぐそばに昔からあるご家族でされているお店です。

F7CE6ED9-2195-4730-BD50-7A72BA110138

きな粉とあんこを選べます。

きな粉のほうが少し好きなので(もちろんあんこも好きですよ)

きな粉を多めでとおもうけれど、

やはりあんこも食べたい、

買って帰る家族の好みもあるからと

さじ加減を考えて

結局半々でお願いしてしまいます。

まるで昨今の日本の情勢のように

自分の判断だけでなく、周囲の雰囲気(感情)との

さじ加減を考えて、

結局半々になるという…。

AF2EA6AF-B6D2-447A-8932-5000F69CA9C8

そして、食べ終わった後は

粟のプチプチ感とあんこの甘さのバランス、

きな粉と粟の香りの相性の良さで、

両方にしてよかったと大満足するのでした(笑)。

CDE849EC-540F-41E1-80CE-3F4C13F56B5A

日持ちしないので、その日のうちに食べる必要があり、

京都でしか食べることのできない美味しい和菓子の一つです。

 京都の人ならお土産に粟餅があるよというだけで

笑顔になること間違いありません。

京都の大好きな和菓子 その壱~中村軒さんの麦手餅

EDA1D481-2EB2-450D-8FAC-84A74536B0F0 
写真はお伊勢さんの次の床若の地です。

お客様に京都の和菓子も紹介して欲しいというお声をよく頂きます。

ふと思うと、いつも食べたい和菓子はだいたい決まっていて、

これを頂ければ嬉しいという和菓子もだいたい決まっているような気がします。

そんな、何となく食べると嬉しいな~という和菓子を

少しずつ紹介しますね。
(続くかどうかわかりませんが……)

ご紹介するのは中村軒さんの麦手餅です。

 4E7CC94C-A22C-4F2F-B9F8-0AEE33A7604A

歳を重ねて量を食べられなくなってきたので

小さい方もあるから小さい方にしようかと悩むのですが

結局大きい方にして、ぺろりと食べられてしまう

美味しさです。

AD8ABF1C-786E-49A2-AD9D-8DB45501FC66

祇園(京都市)あたりにいってきました

2014kyotaka
(写真は伏見お稲荷さんの千本鳥居です)

11月中旬に京都高島屋さんへ伺いました。

秋冬の新作の評判が上々で嬉しかったです。

多くの方に来ていただき本当に有り難うございました。

地元ですし基本的には前回前々回と行くところは変わりませんが

いくつか久しぶりの所もありますのでご紹介しますね。


まつもとさん
2014kyotaka1
京都の江戸前では並びにある松田屋さんと共に
1,2を争うと言われる
お鮨屋さんです。
昔若くして故人となられた大恩人の方に
連れてきてもらっていました。
久しぶりに伺うと相変わらずの質の高いお寿司を頂けました。


外国人の方がすごく多くて
この日本人好みに魚によって熟成を変えて
アミノ酸を最大限にした
青魚の美味しさが分かるのかな~
と思っていたら美味しいそうに食べておられたので
何だかこちらも嬉しくなりました。

2014kyotaka2
明石鯛のコブジメ。

2014kyotaka3
大間まぐろの中トロ。
シャリとの一体感がすごいです。

2014kyotaka14
コハダ。
江戸前の心意気です。

2014kyotaka5
ぶりの炙り漬け。

2014kyotaka6
大粒のいくら。

2014kyotaka7
とろとろのアナゴ。

紹介したのは一部で中には
美味しい~雲丹もありましたが
すぐに食べてしまい写真を撮り忘れました。

2014kyotaka8
美味しいお寿司には日本酒がよくあいます。
伏見のまつもと。
もちろん寿司にあう辛口です。

弥次㐂多さん
2014kyotaka9

前回も紹介した甘味処です。
今回はかき氷の写真を撮った!
と思っていたらあわしるこの写真を撮り忘れました・・・。
来年紹介しますね。

2014kyotaka10
宇治抹茶ミルク金時です。
抹茶は注文を受けてからたててくれます。
変な甘みのない硬派なかき氷です。
かき氷は通年で頂けます。

好さん
2014kyotaka11
10年くらい前に越天楽が
今と違う場所でお店をしていた時のスタッフさんが、
スナックを祇園にオープンされました。

2014kyotaka12
今の越天楽があるのは
当時彼女が頑張ってくれたおかげです。
有り難うございました。
やさしい人柄の彼女がつくる空間は
やさしい空気であふれてゆっくりした時間を過ごせます。
日曜日以外の午後8時~深夜1時までは営業されていますので
一度訪ねてみてください。

2014kyotaka13
四条上がって縄手通り一筋目を東入、
最初の筋を北に行って10mくらいです。

以上、祇園あたりはいいところでした。

河原町(京都市)あたりへいってきました

   kawaramachi
(写真は下賀茂さんの糺の森です)

5月下旬のころ京都高島屋さんに伺いました。
36度という8月並みの暑さになりながら多くの方にお越し頂き有難うございました。

地元なので主に昼使いの食べ歩きとなります。
あまりの暑さでいつも行っている
弥次喜多さんのかき氷の写真を
食べるのに夢中になり忘れていました・・・。
濃い濃い宇治抹茶のかき氷なんです。
秋には美味しいおしるこがあるのでその時に紹介しますね。

前回も毎日行っていた龍鳳さんや京極スタンドさんには今回もいつも通りに。
あまりの暑さに久しぶりにかねよさんできんし丼を頂きました。
大衆酒場感が好きなたつみさんにもついつい寄っていしまします。
仕事終わりに軽くひっかける立ち飲みの美味しさってありますよね。

kawaramachi1
kawaramachi2
kawaramachi3
kawaramachi4

以上、河原町周辺はいいところでした。

河原町(京都市)に行ってきました

 

急に寒くなってきましたね。嵐山の紅葉は今月11月の下旬ごろになりそうですね。 2013年の10月下旬に京都高島屋百貨店さんに伺いました。

 

 IMG_20131030_001548
(写真は上賀茂さんの立砂です)

 

河原町は言わずと知れた古くからの京都の中心街です。
古さと新しさが混在する街並みは、少し路地を入っただけで全く別世界の雰囲気があり
何度歩いても新しい発見があります。
最近は四条通の南側に面白いお店が増えているような気がします。
(今回は紹介しておりませんが・・・)
地元ですので仕事以外でもたまに行くのですが
お気に入りを少しだけ紹介しますね。

 


志る幸さん
IMG_20131030_001457
店内写真はNGでしたので外観のみの写真です。 
京都の一番オーソドックスなお味噌汁が頂けます。
関東のお客様にご紹介して非常に喜ばれています。
初めて行かれる方は白味噌で豆腐のみで頂いてみてください。
甘ったるくないけど甘い
京都の甘さみたいなものを味わっていただけると思います。

 




スタンドさん
IMG_20131023_181433
特筆する名物があるわけでもないのですが
京都の古くからのTHE・居酒屋
という空気感でなぜか寄ってしまうお店です。
たまになぜだか行きたくなるんですよね~。

 

 

IMG_20131023_181556
シンプルなモツです。

 

 

 

 

 

龍鳳さん
IMG_20131030_112809
 大好きなお店です。
今回も定休日以外は毎日通ってました。
一つ一つの料理が丁寧で
味付けもきつくなく塩加減も絶妙で食べやすいです。
時間帯によったら寺町、新京極の社長さんも多くて
商店街の寄合のような雰囲気になります。
小さいお店ですし、ゆっくり食べたいので
あまり人に紹介したくないお店の一つです。
ちなみにあと3品食べれば全品を食べることになります。

 

 

 IMG_20131030_112552
かしわのてんぷら。
出来立てに少し酢をかけて
からしを付けて頂きます。
「ジュッ」という酢がかかった音と
ジューシーな歯ごたえが最高です。
毎回必ず注文します。
写真を見ただけで食べたくなってきました・・・。

 

 

IMG_20131030_220236
チャーハン。
濃すぎず、薄すぎず適度に味がついて
べたつかないし、ぱらぱらもし過ぎないで食べやすいです。
油がもたれないので2杯はいけます。

 

 

IMG_20131030_220146
 からしそば。
一口目の辛さと
慣れてきた三、四口目の辛さの口当たりが
くせになります。

 

 

IMG_20131030_220212
肉スープ。
必ず締めに頼みます。
こういうスープは普通ぱさぱさの肉が多いのですが
ここの肉は厚くて歯ごたえがあり好みです。




IMG_20131030_001426
ご主人と。
ご主人今年10月で70代後半に入られます。
スキューバやスキーもたしなまれるハイカラな方です。
いつも美味しい品を有難うございます。
ずっと今のぼちぼちペースで続けてくださいね。

 

 

以上、河原町はいいところでした。

 

 

洛西(京都市)に行ってきました

 

やっと涼しくなったと思ったら暑かったりと相変わらずの定まらない気候ですね。季節の変わり目でお体ごお気を付け下さい。 2013年の10月上旬に京都の洛西高島屋百貨店さんに伺いました。


 
IMG_20131008_115117
 (写真は大原野さんの藤袴です)

 

洛西は京都の西にある柿やタケノコの産地としても有名なところです。
洛西ニュータウンという綺麗に整備された近代的な街並みと昔からある柿畑や竹林が重なって独特の雰囲気があります。
京都市内なので京都として紹介しても良かったのですが、少しだけ行ったところを紹介いたしますね。





くいしんぼう山中さん
 
IMG_20131009_123231

京都の肉好きには有名なステーキのお店です。
霜降りがもてはやされる中で赤身にこだわり、
脂の少ない柔らかく上質な肉を使用されています。
食べ過ぎても後に残りません。
来られている方も年配の方が多く見受けられました。

 

IMG_20131009_164036

 近江牛をミディアムで。
何気にソテーも美味しいです。

 



 

ログハウスさん 
IMG_20131009_141720

松尾園芸さんの中にあるお店ですが
このお店だけを目当てに来られる方も多いお店です。
分かりにくい辺鄙な場所にも関わらず
土日はいっぱいで、平日でも人が途切れることがありません。
食事もコーヒーもフレッシュジュース類も
どれを選んでも間違いありませんが
お店の看板メニューはワッフルです。

 

IMG_20131008_130451
 
イチゴジャムのワッフル。
ワッフルは焼き立て
アイスはハーゲンダッツ
ジャムは自家製です。
ただ、普通サイズだと直径が20センチ位あって
かなり多いので
最初はハーフで食べてみるのもいいかもしれません。

 



 以上、洛西いいところでした。






 

 

 

 

 

 

一之船入さんに行ってきました

やっと朝晩涼しくなって秋の気配がみえてきました。お元気でお過ごしでしょうか?

両親の誕生日で一之船入さんにいってきました。
ここは味が濃すぎずに両親も食べやすいところで、年に一度ぐらい来ます。
なによりフカヒレは絶品です!

IMG_20130902_210118
昔は髙瀬川の船着き場だったことから
この名前がついたそうです。




IMG_20130902_210336
誕生日なのでシャンパンをサービスして頂きました。


IMG_20130902_210150
雲丹とハモ


IMG_20130902_210229
絶品のフカヒレです。
上に少しのっている山いもとの組み合わせも絶妙です。


IMG_20130902_210423
伊勢海老です。


IMG_20130902_210608
牛肉と万願寺。
しつらえは和風で器は洋風、食するのは創作の中華というのが面白いです。



IMG_20130902_210805
アナゴのチャーハンとフカヒレスープ。
ここでチャーハン・・・と思っていると中に入っている青紫蘇でさっぱりとしました。
さすがですね。

IMG_20130902_210840
デザートのマンゴーの台湾風かき氷です。
料理長さんが「今日はデザートびっくりしますよ」とおっしゃっていましたが
本当にびっくりしました。
写真では分かりにくいですが大きさは直径で30㎝くらいあります。


以上、一之船入いいところでした。

 

高雄で川遊びをしてきました。

 
あまりに暑いので家族で高雄の神護寺さんの近くで川遊びをしてきました。

IMG_20130810_222705
神護寺さんの前を通ります。
昔は清滝で川遊びをしていたのですが、最近人が増えすぎて高雄に来るようになりました。


IMG_20130810_222752 
 もう少し下流に行くと神護寺さんのかわらけ投げの
かわらけが落ちてくるので注意が必要です。



IMG_20130810_222846
個人的に川でも海でプールでもただプカプカ浮かんで空を見るのが好きです。
 
以上、高雄はいいところでした。