社長雑記 新着情報一覧

恐竜さんがやってきた

2019arashiyamasakura
(写真は春暁の嵐山です)

今年は4月になっても冬のような寒さで

桜も遅めでしたが、その分美しく咲いているような気がします。

実は3月から縦横無尽に恐竜さんがやってきております。

2019kyoryuu

いつまでいるかわかりませんが店内のいたるところにおりますので、

花見がてら縦横無尽にて見つけてみて下さい。

2019kyoryuu2

(ただし、越天楽にはおりませんのでご注意ください)

2019年春夏新作できあがりました

2019etenraku1
(写真は越天楽でお買い上げいただいた香港のお客様で、次の日に京都でプロポーズされると話をされていて、無事プロポーズ成功したよと送って下さった写真です。こちらまで嬉しくなりました!おめでとうございます! 末永くお幸せに…(写真使用の許可を頂きました))

暦通りの三寒四温の毎日ですがいかがお過ごしでしょうか?

2019年春夏新作できあがりました。

2019harunastu

3月21日より縦横無尽にて販売いたします。

いつものようにささやかなこだわり満載の作品たちと

お待ちしております。

2019harunastu2

手織作品は越天楽にて販売しておりますが、

新作は縦横無尽にて販売しております。

お会いできること作品たちと楽しみにしております。

越天楽

縦横無尽

スタッフ一同

久しぶりの美味しいもの処

IMG_179
(写真は晩冬の朝熊さんで咲いていた梅です)

寒さが厳しいですが皆様いかがお過ごしでしょうか?

年始の会議の後、久しぶりに

みんなで美味しいものをいただいてきました。

行く回数が減ったからか、

食べに行っても自分たちがいいなあと思わなければ紹介しないからか、

更新が滞っている美味しいもの処のページも

久しぶりに更新いたしました。

ボルタさんというお肉とお野菜のお店です。

JR嵯峨嵐山駅に近いところにあり、

ご家族でされていて

つくられたご主人のお人柄がでているような優しい味

をぜひ味わいに伺ってみてください。

 IMG_171
みんな満足しましたよ。

2019年もよろしくおねがいいたします

2019tsukuyomi
(写真は月読さんの万両です)

遅くなりましたが新年あけましておめでとうございます。

2019年もどうぞよろしくお願いいたします。

今年も自分たちも楽しみながら

越天楽、縦横無尽にいらっしゃったお客様に、

楽しさをお届けできるように

心掛けてまいりたいと思っております。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

越天楽

縦横無尽

河野隆史

スタッフ一同

2018年も有難うございました

 IMG_1461
(写真は摩利支天さんの狛いのししです)

2018年も多くのお客様に
良いご縁をいただき
本当に有り難うございました。


2018年、越天楽と縦横無尽は
12月24日まで営業いたします。
2019年は1月5日より営業いたしますので
どうぞよろしくお願いいたします。
良い年をお迎えくださいませ。

越天楽

縦横無尽

スタッフ一同

2019年度の「越天楽」百貨店イベントについて

 IMG_1380
(写真は渡月橋からの月道です)

いつも感謝しております。

毎年行っております百貨店での「越天楽」イベントは

代表である河野自らが店頭に立つことを大切に思っております。

また、嵐山の店舗である越天楽、縦横無尽でも

想いのわかるスタッフが店頭に立つことを大切に思っております。

2019年度は河野自身が嵐山の店舗に立ちたいという思いが強く

楽しみにされているお客様には申し訳ございませんが

百貨店でのイベントを大幅に減らします。

長年続けている数件のイベント以外の出店をいたしませんのでご了解ください。

河野自身は嵐山店舗におりますので

是非嵐山まで遊びに来てください。

2019年度のイベント予定はこちらです。

百貨店ご担当者様につきましても

現在お話ししているところ以外はすべてご依頼お断りいたしますので

ご了解ください。

皆様と嵐山でお会いできることを楽しみにしております。

(ただ、お休みのこともございますので、いらっしゃる際は必ず事前にご連絡ご確認ください)

越天楽

縦横無尽

代表 河野隆史

梨とフェリーニ

2018daikoku (220x165) 
(写真は天神さんの大黒さんです。鼻の穴に石がのりました。いいことあるかな?)

親とは有り難いもので、

子どもの時、家にある梨をすべて食べ尽くしたことのあるくらい大好きだったことがあると、

今では嫌いなわけではないけれど、すごく好きなわけではないと何度伝えても、

毎年のように大量の梨を送ってきてくれます。

子どもができるまで、「要らないと言っているのに…」と思っていたけれど、

子どもができてからは、「ああ変わらず有難いなあ~」と思うようになりました。

以前、「この世界の片隅に」という映画を紹介した時に

何人かの方から感想を聞いたのですが、

それぞれの方の感想が全く違っていて、

良い映画ではよくあることですが、

それぞれの方が持っている知識の量、前提条件、立場で感想が変わってきていて、

その人自体を表しているような感想を非常に興味深く聞いていました。

映画でも、音楽でも、読書でも

結局その人が持っている前提条件と力以上のものは入らずに、

情報の量が多く、情報の格差が限りなく少なくなってきていて、

海外の論文ですら簡単に手に入る時代になって余計に、

個々人持っている力が問われる景色は面白いなあと思います。

ずっと昔フェリーニさんをはじめて観たとき

何の知識、前提条件もなく観たため、

全然分からなくて、悔しくて、

そこにあったパンフレットだか、ポスターだかに

「実存主義」

と書かれていて、一生懸命「実存主義」関連の本を読んで、

もう一度観てみると、分かった気になったことがありました。

ただ、「実存主義」の雄であるハイデガーさんが、

理屈っぽく、小難しく、

好きなんだけど面倒くさくて
(あくまで僕が思っているだけですよ。お弟子さんのハンナアーレントさんはシンプルで大好きなのですが)

ずいぶん苦労した覚えがあります。

で、結局質を上げるのは深堀りしかないなあ~と

改めてフェリーニさんを観ていくかなあ~と思うのですが、

ハイデガーさんがなあ~……。

以上、いつものグダグダした感じです‥

という話でした。

2018年秋冬新作できあがりました

皆様お元気でいらっしゃるでしょうか?

2018年秋冬新作できあがりました。

IMG_1302

10月3日より縦横無尽店舗にて販売いたします。

IMG_1287

思わずお出かけしたくなるようなお洋服たちと

お待ちしております。

IMG_1288

手織商品は越天楽にて販売しておりますが、

新作は縦横無尽にて販売しております。

お会いできることお洋服たちと楽しみにしております。

越天楽

縦横無尽

スタッフ一同

蝉と蝦と蜊蛄(ざりがに)

IMG_1190
(写真は比叡山と息子です)

一昨年、書いた蝉を獲る備忘録を書き、

昨年、蝦や川魚を獲る備忘録も書きましたが、

今年は蜊蛄(ざりがに)がメインになってきたので

来年の為に蜊蛄を獲る備忘録を書きます。

この夏も6歳の息子と暇さえあれば蜊蛄(ざりがに)を獲りに行っているのですが、

いくつかコツや注意点があるので記録に残します。

・蜊蛄(ざりがに)は後ろに逃げるので後ろに網を持っていく。

・網で獲るときは、いる場所ではなく動いた先に網を持っていく。

・落ち葉等の吹き溜まりを網ですくうと一網打尽にとれることがある。

・その際引き上げた落ち葉は置きっぱなしにせずに必ず綺麗にする。

・2018年夏の暑さは異常なので活動は4時以降。

・獲れる場所は決まっているので誰かと鉢合わせしたら譲る。

・スルメでの釣りは蜊蛄(ざりがに)が沢山いる場所でのみ有効。

・その場合は入れ食いで一度に数匹獲れる。

・釣りは釣り上げて獲るでではなく、スルメに食いついた蜊蛄(ざりがに)を網すくう。

・スルメで釣る場合、アタリメだと良いが辛口アタリメでは釣れない。

・男の子の欲望は際限がないので一日20匹まで。

・結局網ですくって一網打尽より、釣りで入れ食いより、一匹に狙いを定め予測して網で獲れた時が一番気持ちが良い。

 以上、蜊蛄(ざりがに)獲りの備忘録でした。

大雨に伴う越天楽、縦横無尽の営業について

IMG_1012
(写真は2018年7月6日現在渡月橋の様子です)

いつも感謝しております。

7月5日から続く大雨で桂川が一部氾濫しており、

まだまだ雨も続くとの報道もあります。

つきましては7月7日の越天楽、縦横無尽はお休みさせていただきます。

楽しみにしてお越しいただく方には申し訳ございませんが

お客様、スタッフの安全面を考えた上の判断ですので

ご了解いただければ幸いです。

また、各地での大雨の被害が

なるべく少なく済むことを

心より祈っております。

皆様、くれぐれもお気を付けくださいませ。

越天楽

縦横無尽

代表 河野隆史

スタッフ一同