社長雑記 新着情報一覧

また久しぶりの美味しいもの処

DB6A015B-1C30-4B7B-BEB4-661BA59916DC
(写真は渡月橋からみる夏の愛宕さんです)

まだまだ残暑が続きますが皆様いかがお過ごしでしょうか?

年始の会議の後、久しぶりに

みんなで美味しいものをいただいてきました。

コロナ禍で紹介が遅れましたが久しぶりに紹介させていただきますね。
(写真は2月に訪問した際のものです)

今回は嵐山というより花園に近いですが個人的にもちょくちょく訪問させていただくところです。

美味しいもの処のページも久しぶりに更新いたしました。

zozotte plusさんという

一軒家の落ち着いた雰囲気で

明るい女性店主がお一人で切り盛りされています。

ご店主のお人柄はもちろん何より美味しくてお手頃です。

JR花園駅から歩いて徒歩5分ぐらいですし

ぜひ味わいに伺ってみてください。

CFAFD108-8346-47A2-9125-083ED4485F89
みんな美味しく楽しく頂きましたよ。

2020年8月30日 手織り綿の作品3種類紹介します

55301A4D-3B0E-4DF4-8AC5-1995729A58AC
(写真は上賀茂さんで見かけた斑猫(ハンミョウ)です)

いつも感謝しております。

変わらない厳しい暑さが続いておりますが、くれぐれご自愛くださいませ。

ネットショップ↓

https://etenraku.base.ec

にて以前お伝えしていた

8月23日から少しずつ紹介させていただく手織り綿の作品を追加いたしました。

相変わらずほんの少しずつの紹介です。

C0D82DB8-2C93-42D1-97E7-F3C596E4003D
NHK「べっぴんさん」にてももクロ百田さん着用ロングセラー 
後ろリボンとバイアス、ハイカラーの手織り綿ワンピース
白絣

 E9004CA1-6480-40F9-86FD-EC7C1F9FFF0F
ロールネック着物スリーブ7分袖
 カッティングが綺麗でシンプルに着られるけどスッキリ見える手織り綿ブラウス
 青グレイ絣

1C82A4FA-7C13-4B79-9B42-1059302B53CF
上下に走るダブルボタンがシャープな印象
 アシンメトリー手織り綿メンズパンツ
 青黒絣

是非、楽しみながらご覧くださいませ。

次回9月6日以降も日曜日に紹介できるように頑張りますね。

さて、8月23日です

E6977EF8-02FE-4EE9-86F5-B83241672982 
(写真は嵐山で40年以上ぶりに打ち上げられた花火です)

いつも感謝しております。

厳しい暑さが続いておりますが、くれぐれご自愛くださいませ。

ネットショップ↓

https://etenraku.base.ec

にて以前お伝えしていた

8月23日から少しずつ紹介させていただく手織り綿の作品を追加いたしました。

以前紹介したものも、より見やすく写真撮りなおしております。

また、以前ご紹介したヘンプ等とのコーディネートも少しだけお楽しみいただけるようにしてみました。

D4421757-D547-4AF6-B8C8-199D8A748F6E
NHK「べっぴんさん」にてももクロ百田さん着用ロングセラー 
後ろリボンとバイアス、ハイカラーの手織り綿ワンピース 黒緑絣

 49E37687-BF77-4672-9BFB-B0B4C721A2FC
シンプルにはけるけど縦横の生地使いが楽しい手織り綿ガウチョパンツ

F84BBD99-2A8B-4B28-B2E4-0D6AC3A8AA43
上下に走る背中のボタンベルトが心意気を感じさせる手織り綿メンズブラウス

是非、楽しみながらご覧くださいませ。

来週8月30日にも紹介できるように頑張りますね。

毎週、だいたい日曜日に

84BB8460-F7BF-4E5C-93FB-A8FC4AD1AE62
(写真は夏の弓削川で川遊びをする娘と息子です)

ネット販売をはじめて4か月ぐらいたちました。
ありがたいことに、ボチボチとご注文を頂き本当に感謝しております。


ただ、珍しく張り切って作品を沢山紹介しましたところ、お客様に一度に多すぎるとのご意見頂きました。今後まとめて作品を紹介するのではなく、作品を少しずつ紹介していきたいと思います。

ネットショップです↓
https://etenraku.base.ec


当面2020年8月23日より毎週日曜日に2、3の作品を紹介していく予定です。
お店をご存知の方はご理解いただけると思いますが、非常にマイペースなお店です。
日曜日の紹介がずれたり、紹介がない時もあると思いますが、ご容赦ください。

また、作品を色々見てみたい方は是非京都嵐山の越天楽、縦横無尽の実店舗にいらしてください。
お店は10時〜16時であけております。
(2店舗あるうちの縦横無尽は年末年始以外は開けておりますが、越天楽は不定休ですので必ず電話かメールにてご確認下さい)

実店舗の場所はこちらです。↓
http://kyotoetenraku.com/tizu.htm

まだまだ暑さが続きますが、ご自愛下さいませ。

暑い夏が過ごしやすくなるオリジナルのリネン作品を紹介します

いつも感謝しております。

梅雨が明けたと思えば猛暑になりましたね。

水分を取りながらくれぐれご自愛くださいませ。

ネットショップ↓

https://etenraku.base.ec

にて暑い夏を過ごしやすい

オリジナルのリネン衣料を追加していっております。

(能力的な問題で相変わらず少しずつになりますが…)

 

F93F7F50-FB6A-4DCC-BBE2-7F456A44B647 
波ピンタックが涼しげなチュニックや

 D44DF169-4DE7-4F28-B04D-5185A2B1E85E

切り替えと裾フリルが大人可愛いベストブラウスや

3896C38A-2A94-4AAF-9D61-035C2086DE44

襟高、長袖でしっかり肌を守ってくれるジャケット

 34A8867F-DABF-4FF3-A308-F79360AA2775
個性的なメンズブラウスや

4E75C468-5470-424B-9877-003A7D49F64E 
楽に履けるけど凝っているパンツ等々

 

是非、楽しみながらご覧くださいませ。

京都の大好きな和菓子 その弐~天神さんの粟餅

5CC175D7-D9BF-4526-8AC3-FFFFE60104EC   019A1063-610B-4F53-8DFF-CFD994F363FD
娘が小学校の時に制作した未来の自分(本の中から龍に乗って飛び出した挿し絵画家)です)

お客様に京都の和菓子も紹介して欲しいというお声をよく頂きます。

ふと思うと、いつも食べたい和菓子はだいたい決まっていて、

これを頂ければ嬉しいという和菓子もだいたい決まっているような気がします。

そんな、食べると嬉しいな~という和菓子を

少しずつ紹介しますね。
(続くかどうかわかりませんが……)

壱に続いて何とか弐もご紹介できました。

参まで行くかどうかわかりませんが…。

今回紹介するのは天神さんの粟餅です。

天神さんのすぐそばに昔からあるご家族でされているお店です。

F7CE6ED9-2195-4730-BD50-7A72BA110138

きな粉とあんこを選べます。

きな粉のほうが少し好きなので(もちろんあんこも好きですよ)

きな粉を多めでとおもうけれど、

やはりあんこも食べたい、

買って帰る家族の好みもあるからと

さじ加減を考えて

結局半々でお願いしてしまいます。

まるで昨今の日本の情勢のように

自分の判断だけでなく、周囲の雰囲気(感情)との

さじ加減を考えて、

結局半々になるという…。

AF2EA6AF-B6D2-447A-8932-5000F69CA9C8

そして、食べ終わった後は

粟のプチプチ感とあんこの甘さのバランス、

きな粉と粟の香りの相性の良さで、

両方にしてよかったと大満足するのでした(笑)。

CDE849EC-540F-41E1-80CE-3F4C13F56B5A

日持ちしないので、その日のうちに食べる必要があり、

京都でしか食べることのできない美味しい和菓子の一つです。

 京都の人ならお土産に粟餅があるよというだけで

笑顔になること間違いありません。

ネットショップにオリジナルのコットン衣料を少しずつ紹介しております

いつも感謝しております。

皆様いかがお過ごしでしょうか?

今年は梅雨が長引いておりますがくれぐれご自愛くださいませ。

 

ネットショップ↓

https://etenraku.base.ec

にて湿気の多い季節に過ごしやすい

オリジナルのコットン衣料を追加していっております。

(能力的な問題で少しずつになっておりますが…)

 

 3E95AC92-DE6D-4C4A-96F2-2EA0B82F1DDD
スッキリ見せるワンピースや

2EFC4808-D9F8-43DA-8C64-BCB3B47BDF8B
はきやすく大人可愛いパンツ

 A60B05E2-5067-4E83-85E5-56D7155430CF
バックシャンな大人リボンブラウス

 B536532D-C091-42B2-AD78-B21E4C2E1AF1
ゆったりだけどシャープなブラウス等々

 

是非、楽しみながらご覧くださいませ。

飛蝗(ばった)と蟻地獄と蝲蛄(ざりがに)

7DEE2235-69A4-4A53-B44C-4652C9A62DAD

CDD6C2E4-8916-4876-B939-338AF1D9A5ED

46C3A151-3ABA-483A-895B-35E597BF98A4
(蟷螂(かまきり)の子供、御室八八ヵ所、嵐山の用水路です)

「去年は息子さんと蝲蛄(ざりがに)取りに行かなかったの?」

とお客様に聞かれて、昨年はブログで息子と虫取りの事を書いていないことに気づきました。

一昨年も

その前の年も

その前の前の年も

なぜか非常に評判良く、

以前にも書きましたが評判が良すぎることを書くのも

(しかも大したことのない内容で…)

個人的には好まないのですが、

ご要望もありましたので書いてみますね。

今年は、蝲蛄(ざりがに)に加えて、

嵐山の原っぱで飛蝗(ばった)を、

またちょくちょく御室八八ヵ所に行くので蟻地獄を

捕まえています。

そんな備忘録です。

 ・蟻地獄を取るときは優しく指を入れる

・蟻地獄の巣をなるべく崩さない

・蟻地獄を捕まえて、一通りめでた後はつぶさないようにそっと巣に戻す

・息子が蟻地獄を取ろうとすべてのお堂で探すので、八八ヶ所全てまわるのには通常の2倍以上時間がかかる

・蝲蛄(ざりがに)が一番取りやすいのは手づかみ(息子の場合)

・蝲蛄(ざりがに)1匹2匹は取った内に入らない、10匹20匹でまあまあ

・蝲蛄(ざりがに)釣りの為のスルメを息子が食べ過ぎてなくならないようにする

 ・飛蝗(ばった)を取り過ぎてビニールに入れておくと地獄絵図のようになる

・小さめの飛蝗(ばった)は逃がす

・飛蝗(ばった)は網ではなく必ず手で捕まえる

・鳴く虫(鈴虫等)を学校の休み時間に捕まえてカバンに入れておくと、授業中に「リーン、リーン」と鳴く

・先生は笑って許してくれるし、意外と周りの友達も喜ぶ

・そのおかげか生き物係になった

以上、続けると具体的ではなく絵日記のような内容になるなあ~という話でした。

ネットショップに創作ヘンプと縦横無尽の人気スカートを追加しました

1A55180D-7DE5-48B0-955B-7C1B540F74BDB6781444-7698-4D8A-85A1-DE659FA598AF

5B2220A7-86D6-478A-B378-24C0D7C2A01433112371-22AA-4F59-B2CA-4ECED92C8A4B

いつも感謝しております。

 

ネットショップ↓

https://etenraku.base.ec

にて暑い夏に過ごしやすい創作ヘンプや

 

02BD4085-8CF1-42D9-BCA7-DE324A57B06C

E3FCF2DB-A5B4-4EB8-80DB-8080CB694447

2AF7BD6A-EDC0-4FE2-A078-B7E2F760C7EB

縦横無尽で大人気のお値打ちスカートを入荷いたしました。

5411E094-3DC2-4EFF-8920-8E68FD8D6318

BA8C82CF-1A24-4D16-B556-4181AE64DDA2

93A82450-7D43-47C0-B253-9AA30C5885D8

是非、楽しみながらご覧くださいませ。

ハーメルンの笛吹き男と中小零細自営業者

 8B3DD0FB-8B69-4FD5-B3EC-20D41D066516
(写真は御室八十八ヶ所からみた愛宕山です)

思春期の頃大好きだった作家さんの中に

カミュさんやカフカさん

またその周辺の人々がいます。

カミュさんは「シーシュポスの神話」が、

カフカさんは作品ではなくて、

公園で人形をなくした女の子へ

人形のかわりに優しい手紙を書いてあげる話しが好きでした。

それでカミュさんだか、カフカさんだか

その周辺の人々だったか

ハッキリ覚えていないのですが、

ハーメルンの笛吹き男に関する文章があって、

その中で、笛吹き男に街の外へ連れていかれる子供達の中に

泣きながら、でもみんなと同じように踊りながら連れていかれる描写があったのです。

みんながトランス状態で興奮している中、

意識だけははっきりとしているのに

身体が自分の意志に反して、みんなと同じように踊りながら連れていかれるという

その時は少し怖い話だなぁぐらいの感覚でした。

年を重ねてその話を思い出したときに

泣きながら連れていかれる子供は

中小零細自営業者の僕たちとしか思えなくて、

笛吹き男に逆らう力もなく、

だからと言って煽られてもトランス状態になれずに、

でも結局、みんなと破滅の道に進んでいくしかないという

悲しい話と感じるようになりました。

ただ、最近は、

連れていかれるのは仕方ないことだとしても

散々泣いた後に

せめて道中楽しいことが見つかればいいなあと思います。

以上、そうはいっても腹は減る(お金は必要)…という話でした。